亀頭増大術時の痛みが心配…注入時は局所麻酔が使われるので安心 post thumbnail image

亀頭増大術時の痛みが心配…注入時は局所麻酔が使われるので安心

亀頭増大術は身体においてもともとあるヒアルロン酸を注入する施術です。注射1本で行うことができ、10分程度の施術で亀頭が一回り大きくすることができます。同時にハリや硬さも増すので、男性器が増大されたような効果を得ることが可能です。注射するだけで誰にも知られずにパワーアップすることができます。注入する際局所麻酔を利用するので安心して利用することができ、痛みもありません。居所麻酔する前に貼る麻酔を利用することができるので、ストレスなく施術を受けることが可能です。施術する前に丁寧なカウンセリングを受けることができ、太くしたい度合いや部位、予算などに合わせ手アレンジすることができます。

張るタイプやクリームタイプの麻酔を使います

亀頭増大術は痛みを最小限に抑えながら、快適に施術を受けることが可能です。痛みを伴わない貼る麻酔やクリーム麻酔などを利用することができます。特殊な極細の針を使って注射しますが、局所麻酔をしてから注入するので術中の痛みは少ないです。ヒアルロン酸などを丁寧に注入するので自然な仕上がりにすることができ。施術した後の腫れや痛みなども少ないでしょう。施術当日からシャワーすることができ、亀頭においてヒアルロン酸を注入していきます。亀頭を大きくする場合、カリの部位に注入すると効率良く改善することが可能です。亀頭に注入するヒアルロン酸は本数によって金額が変わっていき、一般的に一度に注入するのに1~2本くらいになります。効果的に亀頭をサイズアップするなら、カリ部に注入しカリを太くしたり大きくすると最も効果的です。カリを大きくすることによって、パートナーを喜ばすことができるようにもなります。ヒアルロン酸は柔らかいジェル状の液体で、もともと柔らかいカリをヒアルロン酸の注射で大きくすると柔らかく張りのある立派なカリに仕上げることが可能です。適度な柔らかさがあるので、パートナーの身体を傷つけることもなく痛がらせることもありません。

痛みはほとんどありません

亀頭増大術はカリにヒアルロン酸注入するので、他の手術と比較すると比較的気楽に利用することができます。例えばシリコンボールやシリコンリングなどを利用して大きくしている人もいますが、亀頭増大術はノーマルな形のままでサイズアップすることが可能です。パートナーを恐がらせることもなく、ヒアルロン酸は軟らかさがあるので相手を傷つけることもないでしょう。亀頭へのヒアルロン酸注入の流れとして、まず局所麻酔注射を行います。亀頭は敏感な部位になるので亀頭に麻酔注射するというより、痛みが鈍感になっているシャフト部分の皮膚において局所麻酔注射を行うことが可能です。極細の注射針で麻酔することになるので痛みはほとんどありません。次に亀頭においてヒアルロン酸注入を行い、数分の施術で完了することが可能です。結果的にカリが太くなったり、張りがでるようになるでしょう。立派なカリに仕上げることができ、下半身にあるコンプレックスや不安などを解消することが可能です。局所麻酔の痛みを心配して施術を受けるのに躊躇している人もいますが、貼るタイプやクリームタイプなどの麻酔も利用することになるので痛みはほとんどありません。

ダウンタイムが短いです

亀頭部のサイズや感度の悩みなどに対して、亀頭増大術を利用することができます。ヒアルロン酸を利用した亀頭増大術は、亀頭のカリを中心にしてヒアルロン酸を注入する仕組みです。張りを出し亀頭を増大することができ、注射だけによる亀頭増大治療になるので施術した後の腫れや禁欲期間なども少ないです。ダウンタイムが短く、ヒアルロン酸にはいろいろなメリットがあります。例えば増大効果を持続することができ、亀頭が小さいというコンプレックスを解消することが可能です。ヒアルロン酸によって張りや弾力が出るので、若々しい亀頭になりパートナーに与える刺激もアップします。増大によって亀頭部がストッパーになるので包皮が被りにくくなり、包茎予防効果も得ることが可能です。亀頭強化より刺激にも強くなるので、早漏に対しても改善することができます。ヒアルロン酸は目的や用途によりさまざまな硬さや持続性などを維持することが可能です。注入する際局所麻酔を行うので、それほど痛みを感じることはありません。クリニックでは無料のカウンセリングを受けることができ、個室対応や男性医師による問診を利用することができます。1本あたりの価格になるので予算を立てやすいです。

まとめ

亀頭増大術はヒアルロン酸を注入する施術で、亀頭を一回り大きくすることができます。ハリや硬さをアップすることができ、男性器を増大することが可能です。注入する際、局所麻酔を利用するので安全・安心して利用することができます。居所麻酔する前にシールタイプやクリームタイプの麻酔を使用するので、安心して利用することが可能です。痛みはほとんどなく、ダウンタイムも短いです。亀頭部の張りや弾力が現れたり、若々しい亀頭になるでしょう。包皮が被りにくくなるので包茎を予防することができ、亀頭が強化されるので刺激に対して強くなり早漏を改善することができます。

参考サイト
陰茎増大術で大きく逞しい陰茎を!
万全の無料アフターケアも充実